the Good Old English Mother | 2010年12月
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.15

英国へのオーダー

先月13日に、いつものショップにA35の消耗品一式をオーダーしていたのですが、支払い手続き完了後音信不通。

これまでに2度ほど催促のメールを送るも返信無いまま1ヶ月が経過・・・。

ひょっとしたらプロバイダ側でメールが弾かれてるのかと思い(でも受注完了連絡は来てるんだよね)、iPhoneのメールアドレスへの返信をお願いし、しつこく催促メールを送ったら、ようやく返事が来た。

「ラジエーターのアッパーホースが入荷していないから保留中。それ以外なら今日にでも出荷できるけど、どうする?」って・・・。

1ヶ月経ってコレかよ・・・。絶対忘れてたね。

「アッパーホース要らないから直ぐに送って。ホースのオーダーのみキャンセルさせてね」
と返信しておいたけれど、油断してるとクリスマス休暇に入っちゃうよなぁ。

これまで何度もオーダーしてるけど、大抵1週間前後でちゃんと届いてたのに。
実際届くまで、非常に心配。

頼むよブ○モチーフさん、結構頼りにしてるんだからさぁ。
スポンサーサイト
Posted at 01:55 | A35 | COM(2) | TB(0) |
2010.12.11

Impression#3.5 ~2003 Alfa Romeo 147 2.0TS再び~

101211b.jpg
うーん・・・。

101211a.jpg
うーむ・・・。

101211c.jpg
ぬーん・・・。

101211d.jpg
むむむむむ。



悩ましい。続きを読む
Posted at 20:00 | Impression | COM(0) | TB(0) |
2010.12.06

【メモ】息子のボキャブラリー(車編)

12月5日現在。

・ぶっぶー!:自動車全般。以下を除く。
・バ!:バス
・くーくーた!:救急車
・とーぼーた!:消防車
・ぱぽぱー!:パトカー
・とらっ!:トラック
・ママー!:R2またはそれ系のハッチバック車
・パパー!:A35、またはいわゆる旧車に属する車
・ジジー!:シルバー系の4ドアセダン一般
・ミミー!:ミニ(新旧問わず)※時々ミラ○ーノに対しても使用する
・ばぶんぷん!:カニ目※絵本のタイトル「バルンくん」より。
・ヘラーリ!:フェラーリ※「はやーい!」に接続される場合が多々
・ラリーたん!:黄色いフェラーリ全般※出典:絵本「バルンくん」に登場するフェラーリ275GTB
・チン!:FIAT 500※何故か古い方限定。
・アブパ!:アルファロメオ※高年式はもちろん、ジュリエッタ等も認識
・だーだーだ!:指しているものから「タイヤ」と推測される

その他、「あか!(赤)」「きっき!(黄)」「あぉー!(青)」「みもみー!(緑)」「ぉれんじー!(オレンジ)」と色名で呼称する場合も多い。

・ブーン!:ステアリングを握る動作。必ず左右どちらかに大きく切って「きききー!」と叫ぶ。
Posted at 02:01 | Family | COM(2) | TB(0) |
2010.12.05

Impression#番外編 ~199? CITROEN Xantia Break~

さて、今日はこちら。
101204a.jpg
転がってるクルマの濃さと商売っ気の無さが何だか面白い有名店。

ホントはここにC3(旧モデル)を見に来たのですが、生憎バッテリー上がりのため試乗は出来ず。
柔らかなシートの座り心地、ラゲッジスペースのサイズ等一通り見せて頂いて、よしとも社長とお初にお会いして色々話を聞く。

ハイドロなシトロエンはBXしか知らないと言ったら「じゃぁこのエグザンティア試してみれば?」とあっさりキーを渡してくれたので、今回の目的とは全然関係ないけれど、急遽試乗開始。
101204b.jpg
現在社長のアシとして使っているクルマらしく、前オーナーも徹底的に手を入れた極上の状態との事。

シトロエンらしい柔らかなシートに座って走り出すと、「これがハイドロか!!」と思わず小躍りする変態夫婦。
大学時代、友人が乗っていたBXは、柔らかさよりも路面の細かな突き上げを拾う印象が強く、高速でようやくそのゆったりとした乗り味が出てきた記憶があるけれど、これは全然違う。

101204c.jpg
兎に角柔らかくてフワフワとした乗り心地。動き始めた瞬間、明らかに空が広くなる位大きなピッチング。
近場を一回りしただけで細かいところまではチェックできなかったけれど、トルクフルなエンジン、ゆったりとしたステアリング等、非常に良く出来たクルマです。
嫁も「イメージしていたフランス車の乗り心地」という感想。
内装とか外観とか、シトロエンならではの目に見える「濃さ」はそれ程でもないけれど、乗ってみて初めて分かるその魅力、って感じでしょうか。普通にファミリーカーとして使える実用性も良い。

パワステもサスペンションもブレーキも全てエンジンからの油圧で駆動していた、最後の世代のハイドロ車。ハイトコレクターが付いてるから、エンジン切っても車高は落ちません。

いやぁ、良い経験させて頂きました。感謝。

・・・えっと、何しに来たんだっけ?


101204d.jpg

まぁいいか。
Posted at 01:16 | Impression | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。