the Good Old English Mother | 2012年11月
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.11.26

ラウンドアバウト

ラウンドアバウト(Roundabout)とは、主に英国など欧米で普及している環状交差点である。
1方通行のロータリーが中央に設けられており、通行車はそのロータリーに進入し、目的の方向の道に到達したら、そのロータリーから自由に出て行く。
roundabout.jpg
Wikipediaより

信号が必要ない、つまり信号待ちが存在しない、実に合理的なシステムだ。
しかし、出て行く方向を見失うと環状路の中から出られず、ぐるぐる回り続けてしまう。





121124a.jpg
その日、僕は興奮で胸が激しく波立つのを感じながら、相棒のハモンドを助手席に積んで車を走らせた。



あれから何年経っただろう。
それぞれの夢や希望を胸に、お互いの道を進みはじめた熱き漢達が、今再び一つのステージに結集するのだ。冷静でいられる訳がない。
場所は詳しくは言えない。様々な伝説が生まれた、僕らにとっての聖地とだけ言っておこう。



そう、今夜は一夜限りのシークレット・ギグ。



僕がラウンドアバウトになって
言葉で君を外へと導こう
僕は君に寄り添って一日を過ごすよ
それは音の中、峡谷を走りぬける朝のドライブ

女神達は歌い踊り
子供達の笑い声を響かせる
僕は君に寄り添って一日を過ごすよ
それは音の中、峡谷を走りぬける朝のドライブ

湖の周囲をぐるりと回ると
空の合間から聳え立つ山々が顔を出す
あと1マイル向こうに行けば君に会えるよ
僕らは10回の夏を共に過ごし、笑いあったね
あと24時間足らずで僕の愛は君とそこに居るのさ

君のことを思い出すと
遠くの景色が君のシルエットで満たされる
それは音の中、未だ峡谷を走る朝のドライブ

流れる雲に乗って
鷲が降り立つ場所を探している
渦巻く風を捉えて
水夫は大地の境界線を見る
鷲の羽ばたく翼は
目まぐるしく変わる天気をもたらす

近くへ行くんだ
大地を掴むんだ
たとえそれがほんの僅かな砂粒としか思えなくても
僕らが掴んだ千の答えは、砂粒のように常に毀れ落ち失われるものなんだ
君がより深い恐れを抱いたとしても
僕らは君の隣に寄り添って立っているよ
幾百万年の歳月の中で

僕がラウンドアバウトになって
言葉で君を外へと導こう

(詞/曲: Anderson/Howe・訳詞: T.Ando)
English



何十年も僕らが大切にしてきたこのナンバー。
今まで一度も一緒に演奏したことが無かった理由に想いを巡らせる。
早い。僕らにはまだ早すぎたんだ。






華やかなパーティの後。
素晴らしい料理とアルコールが緊張をほぐし、互いの会話が失われた年月の隙間を埋めていく。





刻(とき)は満ちた。




今ここで、音を出すことで、何かが変えられるかもしれない。

永遠にぐるぐると廻っていた、魂のラウンドアバウトの中から、再びそれぞれの方向へと進むのだ。

121124c.jpg

121124b.jpg



そんなこの日、僕らが共有した刻(とき)を、このブログの読者だけに特別にご覧にいれよう。



続きを読む
スポンサーサイト
Posted at 00:36 | Music | COM(1) | TB(0) |
2012.11.17

ズームレンズを使ってみる

ちょっとしたキッカケで、考えない様にしていたレンズ追加欲がふつふつとw
どうせ買い足すのなら、現在の標準電動ズーム(14-42mm/F3.5-5.6)より明るいレンズが好いよね、と。あと、用途的にクルマや息子の写真が主だから、パンケーキよりもむしろM.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8の様なポートレートレンズの方が好いのかな、と。

と、思ったらこれがあるじゃないか。
121117k.jpg


Panasonic デジタルカメラオプション マイクロフォーサーズシステム用交換レンズ Xレンズ 電動ズーム LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./POWER O.I.S. ブラック H-PS45175-KPanasonic デジタルカメラオプション マイクロフォーサーズシステム用交換レンズ Xレンズ 電動ズーム LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./POWER O.I.S. ブラック H-PS45175-K
(2011/10/13)
パナソニック

商品詳細を見る


基本運動会やサーキットでのイベント以外は殆ど使っていないレンズ。
これなら45mmでF4.0。ある程度イケるんじゃね?

全てLUMIX DMC-GX1とLUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./POWER O.I.S.
エフェクト適用の2枚以外は絞り優先、f4開放であとはカメラ任せ。
サイズ変更やナンバー修正以外は基本元データのままです。

121117a.jpg
いつもの公園。

121117b.jpg
湯たんぽサイレンサーが無くなってスッキリしたねぇ。

121117d.jpg

121117c.jpg

121117e.jpg
「トイフォト」エフェクト掛けてみた。

121117f.jpg
こちらも。

天気も保ちそうだったので、ちょっとだけA35も動かしてみた。
121117j.jpg

121117l.jpg
うん、コレくらい撮れれば十分かなぁ。
Posted at 18:20 | Alfa 147 | COM(3) | TB(0) |
2012.11.13

オイル漏れ修理

121113a.jpg
犯人はコイツでした。

121113b.jpg
油圧計があるので、油圧警告灯はとりあえずオミットしてプラグで蓋をして(水色さん感謝!)終了。
Posted at 23:34 | A35 | COM(0) | TB(0) |
2012.11.11

BRITISH HISTORIX 1st(その2)

続き。

121111g.jpg
やはり白眉は戦前車。
1930's〜40'sのMG、モーガン等。

121111h.jpg
このボートテール!
これらが隊列を組んで会場に到着したときは鳥肌モノでした。

121111i.jpg
そして、Aston Martin DB5!
息をのむ存在感。我々下々の者(笑)には一生縁が無いであろう、高貴なる英国車。

個人的に一番感激したのは、この光景。
121111j.jpg
手前からA30サルーン、レーシング仕様のA35サルーンが3台、A40ファリーナのMk.1とMk.2が各1台、そしてA35カントリーマンが2台(内一台はカントリーマン仕様)がズラリと!

121111n.jpg
いつもはイベント等で1台〜2台見られれば御の字なこの小さな英国車、今回は一大勢力ですよもう。
たまにこういう事があると何だか嬉しいよね。

こういう置き系のイベントって、午前中のんびりして飽きちゃうことが多いよね、という正直な意見(笑)を反映して、食事の後は車両紹介を兼ねてラナバウトを一周、レッドカーペットの上で写真撮影。
121111l.jpg
希少なベニヤモノコック&ボディのマーコスGT!

ウチのA35も、息子を乗せてお披露目。
121111k.jpg

最後は整列!
121111m.jpg
魚眼でも使わなければ、全部フレームに収まりません・・・。

とにかく、初年度にも関わらず、これだけ多くのエントリー(70台超)を集め、無事終了できたこと、本当に嬉しく思います。
運営に関わったスタッフの皆様、お疲れさまでした。
エントラントの皆様、ご来場の皆様、本当にありがとうございました。

121111o.jpg
撤収ほぼ完了と同時に雨。
曇り空も、雨模様も、英国らしいといえばらしいという事で・・・。
Posted at 19:52 | A35 | COM(4) | TB(0) |
2012.11.11

BRITISH HISTORIX 1st(その1)

そんな訳で、第1回ブリティッシュ・ヒストリクス無事終了致しました。
まずは参加頂いた皆様、ご来場の皆様おつかれさまでした&ありがとうございました。

何だかんだでバタバタして、少し(しかもかなりの偏りっぷり・・・)しか写真を撮っておりません。
このイベントの素晴らしい参加車両を全く網羅できておりません旨、平にご容赦を。
参加車両の詳しいレポ等は恐らく他の参加者のブログに掲載されると思いますので是非ググってみて下さい(汗)

121111a.jpg
5:50AM 一番乗り・・・。

121111b.jpg
晒しもの広報車の役目を果たします。
本日はGoodwood仕様。Castrolのツナギにアイリッシュツイードのハンチング、シャツ&ネクタイ。靴はクラークスで完全英国コスプレ状態・・・。

121111c.jpg
開会式は、本場バグパイプの英国国家演奏もあり。

121111d.jpg
EAST AREA。戦前車やサルーン/エステート、エレガントな高級車達のゾーン。

121111e.jpg
NORTH AREA。レーシング、ライトウエイト&ピュアスポーツ達。英車趣味のメインストリーム。

121111f.jpg
私物に加え、Goodness Guitarsさんの協力による60's英国カルチャーを意識した楽器のディスプレイ(Minimoogは70’sですが・・・)

続く。
Posted at 19:50 | A35 | COM(2) | TB(0) |
2012.11.10

BRITISH HISTORIX 1st 開催のお知らせ

BH.jpg

ダイヤモンドジュビリーの年であり、ロンドンオリンピックが開催され
時代の風がイギリスに吹いている今年。

今までになく拘った英国車のイベントを開催致します。

1960年代の英国…音楽やファッション、そして車…
オリジナリティーに溢れるカルチャーに多くの人達が憧れた地。

あなたが大切にしている旧い英国車で、そんな古き良き時代の英国を再現できたら…
と考えた事はありませんか?

来る2012年11月11日(日)。
1969年12月31日までに製造された右ハンドルの英国車だけを集めたイベントを行います。

開催概要・詳細・申込用紙は主催者のブログに告知が上がりましたので、以降はこちらで。
Posted at 22:44 | A35 | COM(2) | TB(0) |
2012.11.10

SuperSprint

先日手に入れたマフラーを遂に交換。

毎週色々と忙しいので、ショップに持ち込んで交換してもらっちゃった。ついでにオイル交換も。
結果的にこれが大正解だったのですが。

121110e.jpg
スーパースプリントの2本出し。
元々付いていた腐れマフラー、何とジョイント部分の金具が溶接してあったりと、もの凄く投げやりな補修がされていたそうで、外すのにもの凄く苦労したそう。
家で始めてたらムリだっただろうね・・・。

走ってみたら、こりゃ良いわ。
ちょっとだけ低音域が大きくなった程度で音量的にはほぼノーマルと変わりなし。
これならご近所対策も万全。吹けあがりとかトルクとかパワーとか、体感的にはよく分からんけれど、あのぶら下がったキン○マみたいな湯たんぽサイレンサーが無くなって見た目的にスッキリしただけでも満足。

しかも錆びないしw
Posted at 18:53 | Alfa 147 | COM(0) | TB(0) |
2012.11.10

British Historix前日

いよいよ明日に迫ったブリヒス。
121110a.jpg
当日もこんな天気だと嬉しいのですが・・・

121110b.jpg
今日は現地に集合、展示場所のマーキング、当日の段取りの相談など。

121110c.jpg
こんな感じに並びます。

当日は、朝9時半の開会式より、英国人奏者によるバグパイプ演奏も。
ヴィンテージ楽器の展示や美味しいコーヒーが飲めるカフェ、プロショップの出店他盛りだくさん。

R17バイパス「上之(北)」をバイパスから見えるドーム側に曲がり、公園を抜けたら右折。
展示車両は北側の入り口より8時〜9時の間に入場して下さい。
(駐車場入り口にウチのA35を目印として置いておきます)

121110d.jpg
準備も万端。エステートはこんなとき便利やね。

それでは当日、皆様のご来場をお待ちしております!
Posted at 15:35 | A35 | COM(0) | TB(0) |
2012.11.06

第7回クラシックカーフェスティバル in 桐生(特別展示他)

ウチのA35の前は、トークショー会場となったテント、そして特別展示エリア。

今回は、2年ぶりに愛知・トヨタ博物館から展示車両が遠征。しかも2台。
121105a.jpg
一台目は、チシタリア202クーペ。イタリアの虫系の代表格?
独立していたのが一般的なフェンダーをボディと一体化したデザインは、1940年代としては画期的。現代のクルマのデザインの礎。
リアタイヤを覆うスパッツも素敵。

121105b.jpg
もう一台は英国車。サンビーム・グランプリ。
4台のみ製造された競技車両だとか。

121105c.jpg
キャブがSUっていうだけで勝手に親近感わいちゃうよね。

更に、貴重な戦前車が。全て個人オーナーとの事。

121105g.jpg
モーガンの3ホイラー。生粋のブリティッシュ。

121105d.jpg
珍車!チェコのTATRA。
冷却どうしてるのか気になっちゃう。

121105f.jpg
121105e.jpg
ブガッティ2連発!
T35系のフルサイズのグランプリカーとは趣がことなる、可愛らしい逸品。
ていうか、ナンバー付いてるし!!!

他、一般展示車両やラリー参加車両にも戦前〜50s車はちらほら。
121105h.jpg
素晴らしいコンディションのMG J2 Midget。

121105i.jpg
今回、一番刺さったのはこの一台かもしれない。
エレガント。ノーブル。艶かしく流麗なシルエットがたまらないJaguar XK120。
巻き上げウインドウのFHCだからほぼ最終型に近い個体でしょうか。憧れるねぇ。
Posted at 01:35 | A35 | COM(0) | TB(0) |
2012.11.04

第7回クラシックカーフェスティバル in 桐生

毎年楽しみにしているイベント。

121104a.jpg
昨年は生憎の天気だったけれど、

121104e.jpg
今年は素晴らしい秋晴れ!
しかも、何だかこんな良い位置に・・・。ありがとうございます。
今回は、手前のツンドラさん前にテーブルをひろげてノンビリと。快適快適。

121104b.jpg
えーと・・・ウチだけ生活臭漂う大衆車ですが・・・w

121104c.jpg
周囲の英国車ゾーン。ちんさんのマーク1仕様とか

121104d.jpg
英国スポーツ。

121104n.jpg
トラ、トラ、トラ、トラ!

121104f.jpg
ムッシュのDollyさん、SM、DSのおフランス軍団。

121104g.jpg
文字通り磨きに磨き抜かれた水色さんのカニ目など。

121104m.jpg
年々本気度を増す(?)、緑系な方達。
そろそろ一個小隊編成出来そうな勢いw

121104h.jpg
群馬名物、焼き饅頭。販売車はHトラック!

121104i.jpg
スイーツはミヤケさん。2CVのフルゴネット!

と、他にも国産ゾーン、伊車ゾーン、独車ゾーン、米車ゾーン等、それぞれ濃いクルマが目白押し。
もちろん、特別展示エリアも。この辺は次回のエントリーで。

で、桐生の何が素敵かって、イベントの「街をあげて」感。
来場者も非常に多く、とてもフレンドリーな方達ばかりで。

そしてハイライトは、何と言ってもコレ。
121104j.jpg
人、人、人。

121104k.jpg
沿道も、人、人、人。笑顔、笑顔、笑顔。

沿道のおっちゃんに「今日はありがとうね〜!」と言われたけど、それはこちらの台詞。

「こちらこそ、ありがとうございましたー!」

感謝の気持ちを込めて手を振って、笑顔で桐生の街を後に。

121104l.jpg

実行委員の皆様、毎年素晴らしいイベントを企画して下さり、本当にありがとうございます。
来年もよろしくお願い致します。

Posted at 18:50 | A35 | COM(0) | TB(0) |
2012.11.03

British Historix最終打ち合わせ

いよいよ来週に迫ったブリティッシュ・ヒストリクスの打ち合わせ。
明日の準備&給油を兼ねてA35を動かしてみました。

121103b.jpg
前日・当日の集合時間や、大まかな役割分担の確認等々。
まぁ、何とかなるでしょう。

121103a.jpg
NAMIKIさんのA30ともご対面。

さ、明日は桐生。
Posted at 18:42 | A35 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。