the Good Old English Mother | JCCA New Year Meeting 2009
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.01.25

JCCA New Year Meeting 2009

旧車乗りの新年会、NYMに今年も行ってきました。
残念ながら今回はギャラリーとして、でしたが。
朝早く現地に着き、朝イチでの入場を目指します。
09nym_126.jpg
周辺はエントリー車輛&ギャラリーの濃いクルマが沢山。FIATの126が!軽登録だしこの綺麗さはポーランドで最近まで作ってた奴でしょうか。

中に入ると、HCC'95のクラブスタンドでご挨拶。
09nym_marcos.jpg
09nym_ds.jpg

その後はひたすらショップ村とフリマを徘徊、ちょっとした物欲発散大会に。

そして、今回のトピックスは「バブルカー大襲来」でしょうw
しかも、イセッタやメッサーといったメジャー所(?)だけでなく、珍品続出。
09nym_isetta600.jpg
珍品その1:イセッタの4人乗り版、BMW 600。

09nym_trojan.jpg
珍品その2:トロージャン

と、ここまでは比較的有名ですが・・・
09nym_brutsch.jpg
珍品その3:詳細不明なれど、このカタチだけでたまらん。

そして珍品中の珍品。
09nym_velorex1.jpg
その4:「Velorex Oskar」と言うらしいです。東欧はチェコのクルマ(と呼んでいいのか?)らしい。
09nym_velorex2.jpg
09nym_velorex3.jpg
何だこりゃ・・・w

気を取り直して個人展示エリアへ。ここ数年、全体的に国産旧車の参加台数が著しく増加傾向にあり、逆に欧州車の割合が少なくなってきている印象。舶来物信仰の金持ち道楽から、ようやく日本の文化として定着してきた証拠であり、喜ぶべき事ではあるのですが、それにしても英国車の少ないこと。
09nym_british.jpg
カニ目、スピット、ADO16、ローバーP100、Lotus23・・・ちょっと寂しい。
もちろん、別の一角ではいつものロータス軍団がギラギラしてますが。
そんな中で戦前(1928?)のAustin 7が異彩を放っておりました。
09nym_austin7.jpg
真鍮の質感がたまらないっす。

個人的に、今回一番刺さったクルマ
09nym_ritomo.jpg
FIAT RITOMOの初期型!!
後期の丸目4灯ですら滅多に見なくなったのに、初期型ですよ初期型。
45パンダと同時代の非対称グリル。たまらん。
っていうかリトモがエントリー資格を持っていたことが軽くショック(あと初代RX-7サバンナも)。
09nym_renault.jpg
フリマの一角には、ルノーのエスタフェットの売り物が。

09nym_s600.jpg
クラブスタンドの一角に居た、綺麗なエスロククーペ。こういう色、ちょっと新鮮。

09nym_hatsudou.jpg
やはりいました。マツダのオート3輪の荷台で愛しの発動機が軽快に駆動しておりました。

09nym_hanamaru.jpg
はな&まるに遭遇。ご無沙汰ー!
いつもの仲間と久々に会ってちょっとダラダラした後で、昼過ぎには会場を後に。

第2のNYM会場である一般駐車場を散策していると、A35発見。
09nym_a35.jpg
ウチのコと同じツイードグレーですが、車高も落ちておりロブ・ウォーカー風のストライプもいい雰囲気。

で、何となく隣のあそこに寄ってみたら「スーパーカー」特集中。
09nym_countach.jpg
無粋な羽が生える前の美しいLP400や512BBを堪能して帰路に。

09nym_after.jpg
午後2時の時点でもお台場周辺はちょっと濃い空間でした。夕方頃にはまた特濃交差点が多数出現することでしょう。

現地でお会いした皆さん、遊んでくれてありがとでした。お会い出来なかった皆さんもお疲れさまでしたー。



・・・あ、今回のテーマはいすゞと日野、だったハズ。まぁその辺りは他のブログにて(汗)。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://a35.blog65.fc2.com/tb.php/169-7b700af9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。