the Good Old English Mother | アーコールの家具
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.09.27

アーコールの家具

090927qua.jpg

アーコール(Ercol)・・・1920年代に家具デザイナーのルシアン・アーコールニーによって設立された英国の家具メーカー。1950年代~60年代頃には工作機械の発達により可能になった大量生産に伴う安価な家具として、戦後間もない英国の家庭に普及したいわゆる「普通の家具」。
近年、マーガレット・ハウエルが取り上げたことで再評価され始め、それなりに価格が高騰し始めております。

英国の伝統的な家具の質感と工業製品的な質感の絶妙なバランス、優れた実用性、いわゆるアンティーク家具とは違うエルム材の明るい色合い。遊び心のある豊富なデザインのバリエーション、そして何より、ウチのA35と同年代のコレクティブルなのであります。

新居での暮らしも落ち着き始め、いよいよ各種家具の調達に入っている我が家では、ちょっと前に手に入れたアーコールのスタッキングチェア(チャイルドチェア)がきっかけでマイブームとなっている訳でして。
上の写真の「クェーカーチェア」は先日某オークションにて落札。

090927a.jpg
そして今日は7連勤開けの一日だけの休日にも関わらず、息子を嫁実家に預けてA35で藤沢方面へ。

090927b.jpg
ネットで目をつけていた、某アンティークショップ。何故か店頭ではMiniのピックアップも販売されております。

090927c.jpg
090927d.jpg

結局色々迷って、比べて、相談して、交渉して、状態の良い椅子+αを現状販売で持ち帰ってまいりました。

090927gold.jpg
ゴールドスミスチェア。クェーカーチェアよりも座り心地が素晴らしい。
残り2脚のチョイスに迷う・・・。

090927dining.jpg
全てアーコールで揃えるのも芸がないので、ダイニングテーブルは別メーカーの新品です。


P.S.狭山のSAでこんなサイコなお茶が売ってました。
090927e.jpg
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://a35.blog65.fc2.com/tb.php/225-682eb80e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。