the Good Old English Mother | さくらモーニングクルーズ Vol.21
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.08.05

さくらモーニングクルーズ Vol.21

120805a.jpg
オトナガワラワラ

120805b.jpg
クルマニムラガル。


sakura-banner.gif

誰がなんと言おうと真夏。
35度を超す、クラクラしそうな日曜の朝。
そんな暑さにも負けないドヘンタイエンスージアストが集合。

120805c.jpg
120805c2.jpg

夏、といえば正装はコレだよね☆
120805d.jpg

注目を集めていたのは、こんな変態希少車。
120805h.jpg
SIMCA RALLY 2!

120805i.jpg
このストライプがイカすね。最高。
RENAULT 8と同じく、RRの箱。
峠道で、ちゃんと回るのか心配になっちゃうレイアウト。乗りこなせる自信ありません・・・。

120805j.jpg
イイなぁ・・・。

そして、今回来場者の我々中年かつての少年少女達のハートを鷲掴みされたのが、
120805e.jpg
120805f.jpg
ホンダのヤングクラシック達。ここだけ80年代にタイムスリップした様な錯覚。
思わず一列に並んで「ホンダ、ホンダ、ホンダ、ホンダ♪」ってやりたくなるよねw
もう完全にオッサンホイホイ状態。

中でもコレクションホールから引っ張りだしてきた様なこのCITY。
120805g.jpg
何だろうこの塗装の艶、黒々とした樹脂パーツ、透明な灯火類。まるで納車直後の様。
タイヤも、タイヤハウスの中も新品動揺で、使用感が全く無し。

あまりの奇麗さに頭の中が「?」で一杯、動揺を隠せない一同(笑)にオーナーさん、

・2年程前(!)に8ヶ月程掛けてフルレストア
・樹脂パーツは黒で再塗装
・バンパーのシボを潰さない様、薄めた塗料での一発勝負
・シートもレカロに出して張り替え
・レンズ類はひたすらコンパウンド

・・・詳細を聞いても、何だか狐につままれた様な不思議な感覚のままw

これまでの趣味車の王道だった60's〜70'sの国内外のヒストリックだけでなく、80'sなヤングタイマーが面白くなってきております。
いわゆる「旧車」として定着した古い車に比べ、部品の供給(特に樹脂パーツ等)、維持に苦労する点も多いとは思いますが、愛好家が増えることで環境も整っていけば楽しいですね。

120805k.jpg
あ、我々世代ってヒストリックカーって懐かしさよりもデザインや機構のシンプルさ等、単純にクルマ自身の魅力に惹かれて手にして来たけれど、80'sはやはり懐かしさが先行するよなぁ。
イベントで「懐かしいねぇ。俺も昔は・・・」的な話をされる年配の方の気持ちってこんな感じなんだろうな。

そんなこんなを考えながらの夏のドライブ。
皆様、お疲れさまでしたー。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://a35.blog65.fc2.com/tb.php/428-aaf95dec
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。