the Good Old English Mother | 原点回帰・・・?
FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.08.19

原点回帰・・・?

会場の下見の後は、暑そうな(いや実際暑いし熱い)3台で群馬のDonington Engineeringさんへ。

120819i.jpg

今更ではありますが、ウチのA35のボディパネルに貼られている木目調シートには抵抗があったのです。
調べた限り、1960年当時の時点で、「木目調カッティングシート」なる商品は存在していなかったのではないか、という点が第一。
同じく、こうした外装への木目調シートを使ったデコレーションと言えば、基本的に70年代、それも米国なイメージが強いこと。
更に、個人的に木目「調」という装飾が大嫌いだったこと(プリント化粧板とか・・・ねぇ。家具なんかも無垢の木じゃないのならいっそ塗り潰してしまいたい)。

このA35を手に入れたときも、早々に剥がしてしまうつもりだったのですが、シートが硬化気味で、パリっと一部割れてしまったことで挫折。塗装も心配だし、いつかボディの錆をレストアするときに一緒に剥離してしまえばいいや、と思って諦めていたところでした。

しかし、季節は夏。
120819j.jpg
ショップに着いて、エンジン止めて暫くたったら水温が・・・



暫しの談笑の後。
このクソ熱い中、カッティングシートも十分暖められて軟化しているのでは?・・・と思い立ったのは、日も暮れ始めた5時過ぎ。

何だかイケそうじゃね?という声があがり・・・

120819k.jpg
勢いだけでうっかり始めちゃったものだからさぁ大変。

120819l.jpg
120819m.jpg

残念ながら、皆様のご期待に沿う様なオチも無いまま、木目調シートは奇麗に剥がれて

120819n.jpg
120819o.jpg
60年代当時の、素朴なカントリーマン(仕様)が蘇りました(感涙)。
これでやっと、生粋の「英国車」を名乗れますwww


周囲からは「いいキャンバスができた!」と別の意味で喜ばれている様ですが、聞かなかったことにしておきます・・・。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://a35.blog65.fc2.com/tb.php/431-c083dc40
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
あえての木目調だと思ってました。あのチープな感じ(失礼!)も好きだったんですけど、確かに時代考証的には合ってないですもんね。すんなりと剥がれておめでとうございます!
Posted by ブログ管理人「Jr」 at 2012.08.20 17:05 | 編集
Jrさん>
ありがとうございます!
塗装でもやり直さない限り如何ともし難いと思ってた事なので、あえて気にしない様にはしてたんです。
でも、自分で納得していない状態のまま乗ってる事を、時々思い出すのが苦痛だったんですよね。

ただただ、今猛烈に後悔しているのは「こんなに簡単ならば、どうしてもっと前に実行しなかったんだ!」って事です(泣笑
Posted by & at 2012.08.21 00:10 | 編集
ついに無地のキャンバスがお披露目ですね~。
どうするどうする?
なにしちゃう?

今後の楽しみが増えましたね~。
Posted by もーすちん at 2012.08.22 13:01 | 編集
色々遊べそうなのはいいんだけど、平らな面が少ないから奇麗に貼るの難しいなぁ・・・。
Posted by & at 2012.08.22 23:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。