the Good Old English Mother | 古母銃(第12回幸手クラシックカーフェスティバル)
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.11.11

古母銃(第12回幸手クラシックカーフェスティバル)

071111_a35.jpg
埼玉県幸手市にて開催された、第12回・幸手クラシックカーフェスティバルに参加してきました。時折降る小雨の合間に晴れ間も見えたりする一日。

やはり予報を見て出場を断念したらしき車輛も多く、ウチのA35の周囲に大きな空間が残っていて少々寂しい感じ。
参加してた車輛は
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」出演車たちや
071111_3chome.jpg

夫婦各一台(!)で参加のセイチェント+ABARTH750や
071111_600.jpg

ミニのナガモノ、そしてプラモ少年だった過去を持つ男の子なら堪らないハズ、あの箱絵とドンズバのLotus Super7 Sr.2や
071111_seven.jpg

沢山の国産旧車達。
071111_japan.jpg


・・・だけで終わらないのがこのイベントの恐ろしいところ。


071111_mgtc.jpg
1947年式MG-TC
071111_mgmidget1.jpg
1934年式MG-PA Midjet
見事に戦前、終戦直後のナンバー付き車輛が自走でやってきていると思ったら・・・



071111_bentley.jpg
1920年代?のベントレーも自走で登場・・・

そして

071111_oldmotgun.jpg
1927年式Bentley"Old Mother Gun"も自走で登場!
これには鼻血出そうでした。1928年のル・マン24時間で優勝した、正にその実車。こんな小雨もパラつく中、快調なエンジン音を響かせてやってくるなんて。80年前だよ、当時このクルマに関わった人全員鬼籍だよ・・・。
他にも会場には故白州次郎氏の愛車ベントレー、故吉田茂首相の愛車ロールスが居たりと(この辺りはショップ所有の車輛でしたが)いつものイベントとは異なる異様な雰囲気が漂っておりましたが、中でもこの「Old Mother Gun」が醸し出すオーラは圧倒的でした。


更にのけ反ったのは
071111_silver.jpg
1910年式Rolls-Royce Silver Ghost
1910年ってオイ・・・もう少しで1世紀前だよ。しかも、ナンバー付いてるしこの雨の中自走でやってくるし・・・。

しかも、このシルバーゴースト、
071111_silver2.jpg
ナビ付いてるしETC付いてるし、何やらデジタル表示の計器が追加されてるし。しかも後ろにはバックモニター用のカメラも巧みに仕込まれているし。
博物館の中でしか見る事が無い様なこの時代の車輛にこの装備。「クルマは走ってナンボ」という言葉の本当の意味を見た気がしました。遠い世界に居る様にしか思えなかったオーナーさんも気さくな方で、このクルマでの碓氷越えの苦労話を嬉々として語る姿に親しみ(シンパシー?)を感じたり。

いやぁ、100年前のクルマだってまだ元気に走るのですから、たかだか50年前のウチの「おかぁさん」なんてまだまだ「田舎の小娘」って事ですわ。「この車古いからさ・・・」なんて甘っちょろい言い訳はもう出来ないぞ(?)。


071111_rain.jpg
それにしても、やっぱり雨は嫌なもの。閉会式直前に大雨。各車を回っていたインタビューに備えて待機していたら、いつの間にかインタビューも中止されてて閉会式も終わっていたりでちょっと不完全燃焼気味。まぁ天気だけは仕方ないし、これまで遠い世界のクルマだと思っていた戦前の車輛達の魅力にちょっとだけヤられてしまっただけでも意義ある一日でありました。

物理的な収穫は、


071111_towel.jpg
タオル2枚(笑)
開会式の挨拶に市長が出て来たり、何だか面白い雰囲気のイベント。車輛的にもマッチョなアメ車やお気楽なVW、鬼キャン&メッキギラギラエンジンなヤ○車系が殆どおらず、年齢層も比較的高めの非常にジェントルなイベントでした。同じ県内でもイベントによって色々特色があるのね。
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://a35.blog65.fc2.com/tb.php/88-c014eae7
この記事へのトラックバック
某SNSで知り合った&さんのオースチンA35トコトコと走る腰高な雰囲気から"おかーさん"の愛称で親しまれているそうですアメリカのアンティーク食器ファイヤーキングを思わせる色がとってもキレイですこの写真ではちょっと見えにくいですけど、エンジンスタートに使
ミニと同じエンジンのクルマ | Blinking BLOG at 2007.11.11 23:27
この記事へのコメント
ども~♪
お疲れ様でした
お会いできて良かったです
天気はよくなかったですが、貴重なクルマがいっぱい展示されていて・・・
博物館いや、博物館のクルマは動かないから、ある意味博物館よりスゴいイベントだなと思いました
自分のカントリーマンも展示したいけど、今回の参加車両のそうそうたる面々を見ると、なんだか気が引けてしまうような気もします

それにしても・・・ブログのアップが早いですね!
僕は写真をいっぱい撮り過ぎたので、何日かに分けてアップするつもりです

またどこかのイベントでお会いできるといいですネ!
(^^)
Posted by blinking at 2007.11.11 22:17 | 編集
ども☆
今日は生憎の天気ながら、来て頂いてありがとうございます!
ずいぶん雨の中動き回られていたご様子ですが、奥様は大丈夫でしたか(汗)?

基本的には、会場内の車輛は普通に普通の人が維持してる旧車(のハズ)です。博物館で展示してある様な綺麗な車よりも、生活の中にとけ込んでいる感じの「自家用」旧車を沢山見ることが出来る事の方ががああいったイベントの楽しさでもあります(もちろんあの「動く」ロールスやベントレーは別格でしたが)。
ですから(交通法規や公序良俗に反する車でなければ)どんな車輛でも気兼ねなく参加できると思いますよ。車種や世代を越えて様々な人達と知り合うことができる機会でもありますし、次回は是非エントリーしましょう☆
Posted by & at 2007.11.12 00:41 | 編集
お疲れ様でした。
メルセデスのお隣に鎮座され、ボディに貼られた木目模様が素敵でしたね。
Posted by ilovecb at 2007.11.13 22:53 | 編集
おっと、コメント見落としておりました。申し訳ございません・・・。

ilovecbさん>
コメントありがとうございます。メルセデスの隣、という並びは初めてで何だか新鮮でした。またどこかのイベントで見かけたらよろしくお願い致します。
Posted by & at 2007.12.01 20:59 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。